転職

36歳からの転職を成功させる方法&転職情報
〜確実なキャリアアップを目指すにはどうすべきか!〜

転職のページ

   
このホームページでは特に36歳からの転職についてそのノウハウを紹介します。
36歳をすぎると転職は一挙に非常に厳しい状況になります。そんな状況の中でどうやって転職活動をしていくのが近道か、注意すべき点は何か?30代半ばになると家族をもち自分だけの問題ではなくなります。絶対に失敗はできません!!
また現在の仕事をこなしながらの就職活動は大変です。このホームページを手助けにしていい就職先と出会えるといいですね。
ですがたまにはストレス解消をしてくださいね。私はスポーツが趣味野球をやっています。




 



-----------------------------------------------------------
 まずは無料の転職情報収集からはじめよう!
 転職のサポートの企業の非公開求人情報を入手するには簡単な登録でok!


 

 
  
-----------------------------------------------------------


★転職とは自分できめることができる人事異動といえる★


自分がやりたい仕事ができるわけではない。会社にそれがないなら、自分で人事異動も
大切なチョイスだ。転職の大部分が今の会社がいやだ・・というのが本音ではないで
あろうか。


たとえそうだとしても就職試験ではりっかりした理論武装が必要だ。ましてやりたいことが
あるなら勇気をだすのもひとつだ。ただし、どこかの転職サイトが遅ればせながらいっているが転職は慎重に・・・≠アれも事実だ。転職してもやりたいことができるかわからない、面接
ではそのあたりを逆質問してでも掘り下げてみよう。転職してもしたいことができないなら目も当てられない・・。


★転職を成功させるこつ〜何らかの競争上の優位があるか!★


ライバルより勝っている何かがあれば、優位だ。なんといっても買い手市場。
席は限られている。同じ能力と思われる人材が残ったとき決め手になる。


では具体的にどんなものが自己PRに有効か?
●顧客をもっていること
●経理・人事・総務・法務など得意な分野、ノウハウ・スキルなどもっていること

顧客をもっているというのは決定的な武器になる。
これは出し惜しみせず前面に出して自己PRすべき、かつどうしてその顧客を確保できた
がの説明をすること。企業にとっては顧客をもってきてくれる上、そのノウハウを社内に広めてくれるとなれば採用するメリットは大きい。


また、経理や法務などの経験も重宝される。36歳以上の採用であるなら、具体的な何かが
ないと逆に苦しい。自分がもっているノウハウがその企業でそういきるのか証明する。それが
面接という場でしょう。


★どうして36歳以上の転職が不利なのか!これがわかれば自ずと対策が!★


企業は年齢が若い方が人材おしての価値は高いとみなされる。なぜか?わかければ
わかいほど定年までとはいわないが、ながくそのスキルをつかうことができる。


時間があれば、さらにそのスキルが向上することも期待できるし、その人が企業内で
スキルを広めてくれる可能性も高い。利用価値が相対的にあるということだ。


つまり、この年齢という不利な要素を覆すには競争相手よりも高いスキル、企業が採用する
メリットをもっていなければならないという結論になる。


★資格をとってから転職するのは有利か!★


社会人だからこその発想だ。社会人を休憩して一旦学生時代にもどりたいという気持ちが
あるのではないか?もう一度自分の気持ちを確かめてほしい。年齢にかかわらず勉強をしようとする姿勢はすばらしいものだ。自分も死ぬまで勉強だとおもっている。


その資格が決定力がある資格なら有利だろう。たとえば、司法試験や税理士、最近では
看護師なども重宝される。IT企業、エンジニア企業にはエクセル・ワードがすこしできるだけは役にたたない。資格は決め手になるものを目指そう!


★面接でMUSTおさえる重要ポイント★


1過去の職歴・仕事内容とその具体的な結果
2志望動機
3これまでのスキルがどういかされるか
4現在の会社を辞める理由


この4つはしっかり説明ができないといけない。企業がしりたいことだからである。
特に志望動機はその企業にどれだけの熱意をもっているかがすぐわかってしまう。


よってより具体的な志望動機が必要だ。
3とリンクしてくるが、志望動機と自分がもっているスキル・ノウハウが志望先の企業で
どう役立つか説明がつかなくてはならない。実際にその企業を100%わかっていなくても
その理論武装は必要となる。


★転職情報サイトに登録しまくる!★



転職情報はいくらあっても足りません。
2社くらい登録していればどちらかでかならずひっかかるだろなど勝手に決めていませんか?
転職支援会社も事業としてやっており、登録側は無料ですが、紹介してもらう企業側は当然費用を払っています。採用する企業側も人材を募するのにお金がかかっています。
その費用が転職支援会社によって高かったり、安かったりしているようです。
よって企業側もあまり多くの募集広告をだすことができません。


一方、登録する側は無料です。
サイトによっては必要条件さえいれておけば、条件にあった転職情報がメールで送れらてきます。
また曜日で更新しているサイトがあります。
アンテナは広げておけばおくほど、いい出会いに会う可能性が高まります。
これは最大のポイントです。
決して労力を惜しまないでください。


★転職情報サイトに登録するだけでアドバイスや研修を受けられる!★


転職活動には履歴書ともう1つ「職務経歴書」が必要になります。
転職活動ではまず書類審査を通ることが第一関門となります。
ここでの倍率は10倍以上と非常に厳しいものがありますので
是非会いたいと企業側が思うような「職務経歴書」が必要です。



ちなみに「職務経歴書」は量があればいいものではありません。
多数の書類を限られた時間で目を通す人事採用担当者からすれば
簡潔でまとまったもので、必要事項を網羅した適度なページ数を
好みます。

   

     
  
  
                      home
36歳からの転職を成功させる方法&転職情報★トップページ
 


転職〜退職金がないのが普通?!
転職〜年齢条件なしにだまされるな
転職〜決して妥協はするな!
転職〜交通費は自己負担が常識
転職〜異業種転職対策
転職〜職務経歴書で書類審査通過
転職〜コネも有効な手段
転職〜面接・前の会社を辞めた理由
★プロフィール

★リンク集









[PR]
ストレス解消
 野球







  

  
Copyright (C) All Rights Reserved
グループ1 2  3  4  
[PR]  趣味 うつ病  うつ病2  偏頭痛 おたふく風邪 すてきな雑貨 ヨガ・ピラティス
メタボリックシンドローム インフルエンザ