キャリア採用

36歳からの転職を成功させる方法&転職情報
〜確実なキャリアアップを目指すにはどうすべきか!〜

キャリア採用のページ

   
このホームページでは特に36歳からのキャリア採用についてそのノウハウを紹介します。
36歳をすぎるとキャリア採用は一挙に非常に厳しい状況になります。そんな状況の中でどうやって転職活動をしていくのが近道か、注意すべき点は何か?30代半ばになると家族をもち自分だけの問題ではなくなります。絶対に失敗はできません!!
また現在の仕事をこなしながらの就職活動は大変です。このホームページを手助けにしていい就職先と出会えるといいですね。



--------------------------------------------------------
 まずは無料の転職情報収集からはじめよう!
 転職のサポートの企業の非公開求人情報を入手するには簡単な登録でok↓


 

 
  
-----------------------------------------------------------






 ★異業種転職は厳しい!同業種転職は楽!?★



異業種での就職活動は厳しさが増します。
それは企業が即戦力を求めているためです。
ある程度業界知識があり、基礎的な社会人的素養がそろっているというのが当たり前です。



この場合であれば、TRYする気持ちを全面にだすと同時に職種でのアピールが有効です。
つまりは業界は問わず自分はセールスでの企画提案力に自信がある、
経理ならだれにもまけないなどいった能力を強調するのです。



それ以外の業界知識などは所詮知識です。
知っているかいないかの違いです。
それを教えるのは貴社の仕事でしょ!



入社後の研修でしっかり教えてくださいよ。
新卒で10年のヤツなんて1年で追い抜いてみせますよ。
と言葉ではいわなくても行間でそれを匂わせてください。
キャッチアップに自信ありと自信にあふれた顔をしていれば
それ以上この点での質問はとんできません。



逆に異業種に比べ同業種はやや取り組みやすくなると思います。
ただし気をつけてください!
同業界であればあるほど、するどい、込み入った質問がきます。



ここで正確に説得力をもって説明ができなければ、「そんなことも知らないの?」
くらいの視線がとんできかねません。そうなってはピンチ!



というわけで結論は異業種への転職でもおそるるに足らず!



                      home
36歳からの転職を成功させる方法&転職情報★トップページ
 


転職〜退職金がないのが普通?!
転職〜年齢条件なしにだまされるな
職〜決して妥協はするな!
転職〜交通費は自己負担が常識
転職〜異業種転職対策
転職〜職務経歴書で書類審査通過
転職〜コネも有効な手段

Copyright (C) All Rights Reserved
グループ1 2  3  4  5  6  7  8  9 10