転職 面接

36歳からの転職を成功させる方法&転職情報
〜確実なキャリアアップを目指すにはどうすべきか!〜

転職・面接

   
このホームページでは特に36歳から正社員をゲットするノウハウを紹介します。
36歳をすぎると転職は一挙に非常に厳しい状況になります。そんな状況の中でどうやって転職活動をしていくのが近道か、注意すべき点は何か?30代半ばになると家族をもち自分だけの問題ではなくなります。絶対に失敗はできません!!
また現在の仕事をこなしながらの就職活動は大変です。このホームページを手助けにしていい就職先と出会えるといいですね。





--------------------------------------------------------
 まずは無料の転職情報収集からはじめよう!
 転職のサポートの企業の非公開求人情報を入手するには簡単な登録でok!


 

 
  
-----------------------------------------------------------



 面接★前の会社を辞めた理由についての答え方★


 結構この質問はピンチではありませんか?自分のやりたいことがあって辞めるというのは
 大義名分として必要ですが、本音では前の会社にうんざりというのがほとんどでは
 ないだろうか・・・。


 それでも面接をパスするには、この質問でも面接官をなるほど・・と思わせなくてなからない。
 面接官としては、辞めた理由が会社内でトラブルを起こして辞めたなどという場合は、同じような
 トラブルをおこす、いわゆる「トラブルメーカー」では困るのだ。


 さて、原則にもどろう、面接とは自己PRタイムであるということだ。
 したがってこの質問にも自分を売るアピールにつなげなくてはならない。
 基本的な話のストーリーは下記のようになる。


 ▼自分のやりたいことは・・・・・であり、前の会社ではこれができないことがわかった。


  この形である。つまり積極的な理由が必要だということ。
  面接官はこの人が仕事の前に人間関係をスムーズにこなせるのか心配だ。
  とんでもないのを入社させたら、自分の責任を問われかねない。


  一方転職者としては限られた時間の中で次のステップに進めるようにしなくては
  ならない。あまり大きなテーマは持ち出しても、説明する時間は限られている。
  よって、何がやりたいということを具体的かつシンプルに説明することだ。
 

  ちなみにだが、やりたいことは具体的にいったほうがいい。
  自分の意図していた仕事ではなく、前の会社でやっていた仕事に配属されかねない
  からだ。


  36歳からの転職は実績が評価され採用に至る、だから前職でやっていた業務を
  担当するケースは多いだろうが、例えば営業をやりたいといっても、法人営業を
  したいのか、個人のお客様にかかわる仕事がしたいのか。

                      home
36歳からの転職を成功させる方法&転職情報★トップページ
 


転職〜退職金がないのが普通?!
転職〜年齢条件なしにだまされるな
転職〜決して妥協はするな!
転職〜交通費は自己負担が常識
転職〜異業種転職対策
転職〜職務経歴書で書類審査通過
転職〜コネも有効な手段
Copyright (C) All Rights Reserved
グループ1 2  3  4  5  6  7  8  9 10